ジョンフン、南大門開いてるよ
FTIslandのキモかっこいいギタリスト、チェ・ジョンフン偏愛peguのアメとムチなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Romantic & Idol #6-4
終わったあああああ
気まぐれな私にしてはよくがんばった




振られてしまえ!と思ってたけど
いざ振られてしまうと可哀相だったうちのジョンフン(涙)

しかも好きな女がとなりで
他の男の胸に抱かれてるのを眺めるという
残酷な幕切れ

ジョンフンもまあ、この失恋を是非とも

芸の肥やしに(笑)

この経験で切ないラブソング2つくらい書けそうじゃないかっ
ミュージシャンにとってこの上なくいい経験じゃないかっ

結局、一途に思いつめた人たちはすべて振られ
行ったり来たりして皆さんをかき回した2人がカップルになるという
理不尽な結末になりましたが(笑)
男と女はこんなもんだと思います
なるようにしかならないものなのよ

理性とか秩序とか順番とか
そんなもの全部飛び越えちゃうような
まるで磁石で引っ張られるみたいな強い力
それはもう理屈じゃないのよね
最終選択でイェウォンが
自分でもわからないうちにミニョクに向かってたっていう
あの言葉が全てだと思うのよね
ミニョクも然り

ジョンフンが振られた直後のコメントで
最後に言っていた찝찝하다
国語辞典によると
「すっきりしなくて何かが心に引っかかっている状態」
を表現する言葉らしいんだけど
その前に되게 마음에 걸리네요 뭔가(何かが心に引っかかっている)
と言っているので
最初は「すっきりしない」と訳したんだけど
ジョンフンの心情を思うとちょっと違うなと思ったので
超意訳だけど「面白くない」と訳してみました


さてところで
こんなに長くひとつの「物語」に字幕を付けたのは初めてで
しんどかったけどとても楽しかった
自分が原語で理解した内容を
原語を知らない人たちに伝えるとき
原語のニュアンスを生かしつつ
限られた文字数で一目でわかる日本語に置き換える難しさを痛感
でも後半になると、要約することに慣れてきたのもあるけど
登場してる人物たちの考え方とか、人物像がわかってきて
とても翻訳しやすくなったんだよね
彼らの話し方にも慣れてきたのかも
自分の心情を吐露するあたりの言葉は
本人たちも考え考え話してるせいか
支離滅裂な文がたくさん・・・
彼らの心情を理解して、なるべく近いニュアンスで
文を作ってみたりしたけど、超意訳もかなりアリ(笑)


何よりも今回字幕つけてみて思ったのは
私がチョイスした言葉がそのまま彼らの言葉になり
ひとり歩きをするんだなあってこと
そういうとこ、翻訳者の責任って重大だよね

ええと最後に
拍手コメをくださったみなさんありがとうございました
励まされつつ・・・がんばれました
このあとは中途半端になってる#1を整備の予定(あくまでも予定)


コメント
この記事へのコメント
本当にお疲れ様でした。
とても丁寧な翻訳で、自然に感情移入して番組を見る事が出来ました。
本当に見たいと思っていた番組なので感謝しています。
ありがとうございます。

upを待ちながら、これまでのブログを拝見させて頂きました。
私は野音のライブをTVで見て、その瞬間からFTに落ちました。まだFTの事を全然知らなくて、
でも凄く心に響いて忘れられなくて・・・

私のスタート地点は野音です。
それから彼らの過去にも行きました。
韓国での活動やメンバーの交代・・・
そして拙い日本でのライブ・・・
知れば知る程 もっともっと知りたくなりました。

ホンギの声はさて置き、色んな動画やライブを見た中で一番気になったのがジョンフンです。
前置きが長くなりましたが、私はジョンフンが好きです。
陶酔して演奏しているジョンフンが本当に大好きです。

トーク番組ではかなり心がどこかに飛んでしまっているけど
ステージではホントいい男です。ちゃんとバンドの状況も見ているし・・・

で、話が長くなってしまいましたが 私が今お伝えしたい事は・・・
こちらのブログでFTの素敵な歴史を残して頂いてありがとうございます。
拝見しながら時には笑ったり 涙ぐんだり・・・
素敵な時間を過ごす事が出来ました。

息子の様な、時には恋人のようなジョンフンをこれからも見守りたいと思っています。
そして韓国語を少しずつ勉強していますが
いつか貴方のような素敵な翻訳が出来るようになれたらいいなぁ~って(*^_^*)
改めまして、翻訳お疲れ様でした。



2013/03/06(水) 00:04:31 | URL | funiyk #-[ 編集]
ありがとうございます
コメントありがとうございました。
過去記事も読んでくださったとのこと・・・ありがとうございます。
デビュー当時のジョンフンは高校生にしては老けていてキモくて
みんなに嫌われていたので(笑)誰も話を聞いてくれず
しかたなくパソコン画面にしゃべるようなつもりでひっそりと始めたブログでしたが
結果的にFTの歴史を残せるようなものになって
休み休みながらも続けてきてよかったなあと今は思っています。

こんなふうにFTが大ブレイクする日が来るなんて想像もできなかったので(笑)
最近FTを好きになった人たちにとって
彼らが歩んできた道を知る助けのひとつになれればいいなあと思っています。
と言ってもかなりジョンフンに偏った内容ですけど(笑)

今ではFTはすっかり世の中に知られるようになり、FTを語るブログも増え
もう私の役目は終わったような気もしていますが
とりあえず細々と(笑)続けて行こうかなと今は思っていますので
お暇なときにまた訪問してくださればうれしいです

2013/03/07(木) 09:18:49 | URL | pegu #-[ 編集]
うわぁ~ 感激!!!
お返事、下さってありがとうございます。
勝手にお邪魔して しっかり過去ブログを拝見していたというのに・・・

まだまだ役目は終わってませんよ!
確かにFTのブログは増えたと思いますが
ジョンフンの魅力は無限大というか・・・ 予測不能というか・・・

純粋な性格のせいなのか、それとも不器用な性格のせいなのか
誤解される事が多い彼らをこれからも見守って行きたいと思っています。
そして何よりもバンドとして年を重ねていく彼らの成長が楽しみです。

ジョンフンがパパになる日も楽しみです。

どうぞこれからも、細々でも、マイペースで思うがままブログを続けて下さればうれしいです。
とても素敵なブログです(*^_^*)

今日はジョンフンの誕生日。
こちらのブログ(なんとお呼びすればいいのか分からくて(^_^;))と
ジョンフンにとっても素敵な一年になりますように・・・

翻訳で酷使された手と目をお大事になさってくださいね(^_^)/~





2013/03/07(木) 23:11:27 | URL | funiyk #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。