ジョンフン、南大門開いてるよ
FTIslandのキモかっこいいギタリスト、チェ・ジョンフン偏愛peguのアメとムチなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Romantic & Idol #5-4
#5が終わった
頑張った・・・ついに残るは最終回
もう肩がパンパン(笑)





イェウォンの真実の部屋を訳してて
すごく切ない気持ちになっちゃった
イェウォンはキツネだしずるいところもあるけど
ミニョクが100%の気持ちで自分を選択してくれなかったのが
寂しかったっていうのがなんかジンと来ちゃった
2人の男に想われて、いい思いをしてるみたいに見えるけど
自分の心はイマイチ満たされてない感じが
なんか切ないよね

2人で部屋に入ったときは
浮気がバレた亭主とそれをなじる妻、みたいな姿で(笑)
すごく笑えたんだけどね

イェウォンがインタビューで言っていた言葉は
너무 내가 모든 걸 놓고 이렇게 행동을 했나
直訳すると
(ミニョクに対して)「とても私が全ての物を乗せてそういう行動をしていたのか」
なんだけど
まあつまりはイェウォンはミニョクに
かなり気持ちを傾けていたみたいだよね
夢中になっていた、っていう訳も考えたけど
一方的に思いつめてた、程度の気持ちかなと思ったので
そういう訳にしてみた

100%の気持ちで選択したのではない、っていうのは
原語の言葉は
그게 전부가 아닐 거라고 생각을 했기 때문에
「それが全部ではないという考えをしたので」
自分に対して全ての気持ちを持ってして選んだわけではない
という意味だと思ったので
さっきの訳を選択してみた

イェウォンは早口なので
一度にたくさんの言葉を発するから
適切な日本語にまとめるのに苦労します(笑)
イェウォンのちょっと奔放な感じと
だけど恋愛には真摯な部分を感じてもらえるといいな

最後まで態度をはっきりさせなかったミニョク
最終選択に向かう車の中でまで悩んでたみたいだけど
なんかもうここまで来るとだんだん腹が立ってきた
こういう男は誰とくっついても満足できずに
また違う「誰か」を探すんじゃないの?

そう思うとやっぱり
態度をはっきりさせてるジョンフンは
潔くていいじゃないの〜

でもこうやって一途に思われると
それはそれでうっとおしいものよね(笑)
ああ複雑な女心



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。