FC2ブログ
ジョンフン、南大門開いてるよ
FTIslandのキモかっこいいギタリスト、チェ・ジョンフン偏愛peguのアメとムチなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Romantic & Idol 5-1
いよいよ最後の夜
ジナを置いて歩き出したジョンフンに
ちょっとカチンと来たけど
一緒に行ったしゃぶしゃぶ屋では
ジナに親切なジョンフン
ってか、前回もそうだったけど
この男もしかして単なる

鍋奉行?(笑)

でも私もジョンフンに面倒見てもらいたいなあ




今回は結構複雑な心の機微、みたいなものを
彼らが吐露してるので
心情を理解しつつ翻訳するのに時間がかかったわ
字幕を付けてから見直してみると
あれ?ちょっと違ったかな?とか思う部分があって
私にしては珍しく何回も修正したり
それでもやっぱりちょっとしっくり来ないとこもあるけど
それはもうオタク的こだわりの世界なので(笑)よしとする

エンにとってカートが「心の転換点」になったっていうのは
ちょっと意外だったな
ミニョクで傷ついたジウォンにとっても
エンはいい癒やしになったことでしょう
いいカップルだと思うけど
この二人はこのままうまくいくのかしら
ジウォン次第だと思うけど

今回ジョンフンがジナと行ったしゃぶしゃぶ屋で
ハサミで切ってあげてる食べ物は「주꾸미」(チュックミ)って言って
タコの一種なんだけど、日本にはない食べ物なんだよね
これを「イイダコ」と訳してるところもあるけど
イイダコには「꼴뚜기」(コルットゥギ)という別の名前があるので
今回はそのまま「チュックミ」にしてみた
固有名詞だもんね
このチュックミを炒めた「주꾸미볶음」(チュックミボックン)を
昔食べたことを思い出して懐かしかった(笑)
すんごく辛かったけど美味しかったなあ

それから最初のほうでミニョクとイェウォンが
お互いの心情を「어렵다」という言葉で表現してて
この単語のメインの意味は「難しい」とか「困難だ」なんだけど
いつも思うんだけど「心が難しい」って何だよ〜(笑)
というわけでそのときの状況や、話してる人によって
チョイスする日本語が変わってくる単語なのよね

悩んだ末、今回は「しんどい」を使ってみた
自分の心もはっきりしないまま
いろんな人を辛くさせてる状況
自分も幸せになりたいし
かといって他人の幸せを壊したくもない気持ち

今回実際みんなをかき回してるのはこの二人なので
この状況は「しんどい」なのかなあと
「辛い」を使うのはちょっと傲慢な感じがしたので

そのあとミニョクがつぶやく「싱숭생숭」という言葉
これはどちらかというと「心がざわつく」みたいな意味なんだけど
会話文で「ざわざわする?」だの「心がざわつく?」だの言うのは
不自然なので(笑)落ち着かない、と訳したけど
2人でカップルになっても、心から喜べない感じを
表現してる言葉ってことだね
私この言葉知らなくて、耳で聞いた音だけで辞書を引いたら
バッチリ出会えて、すんごく嬉しかった(笑)
もう超オタク的ヨロコビ(笑)
韓国の人たちは若くても、こういう難しい言葉を会話の中で使うので
こんなバラエティ1本訳しただけでも
ずいぶんお勉強になります(笑)

今回のツボジョンフンはやはりこの

yakan

やかんショー

そしてもちろん

onbu


 おんぶ〜 

この背中を見てパソコン画面にのしかかったプリは
私だけではあるまい(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。